海外赴任と英語【インド、フィリピン編】

英語

海外赴任に必ず付きまとうのが、言語の壁ですよね。海外に仕事に行って、日本語だけでやり通すには専属通訳でも付けないと難しいですよね。

英語が苦手という理由で海外の仕事に躊躇している人向けで、英語ができなかった私のインドとフィリピンでの経験を紹介します。

スポンサーリンク

仕事で英語を使い始めたきっかけ

私の場合、インドに赴任が決まるまでは仕事で海外との接点は一切ありませんでした。つまり、それまで仕事で英語を使うことはまったくなかったにも関わらず、いきなり海外出向することになったというわけです。

そして、赴任する前にインドに住居探しを兼ねての出張で訪れたのが、初めての海外出張でした。

おそらく海外に赴任が決まる人の中にはそんな人も多いのではないでしょうか。

なかには、人生初海外が赴任先への住居探しだった、という方もいました。

インド、フィリピン赴任は英語でOK

幸か不幸かインドもフィリピンも、仕事をする上で相手となるインド人やフィリピン人には英語が通じます。

アジアに有りながら、どちらもコミュニケーションをとる言語が英語だったのは運がよかったかもしれません。

あとは、自分の英語の実力が伴えば、仕事がやりやすいです。

インドでは、ある程度裕福な家は子どもを英語で授業を行う学校に入れたりして教育に力を入れているためか、アパートやそこらのショッピングセンターでは会話している親子が英語を使用しているのをよく聞きました。

フィリピンは英語を話す人口が多く、日本からの英語留学先として人気があるくらいです。

どちらの国もテレビや新聞、標識など英語が普通に使用されていますし、映画館にハリウッド映画を見に行くと、ヒンディーやタガログの字幕なんてありません。

そういうわけで、職場で一緒に仕事をしていた現地人スタッフは、だいたい英語とヒンディー語、もしくは英語とタガログ語が使えるわけです。

よくある話で、ミーティングなどでは、始めは英語で議論していても、白熱してくると現地語に変わっていって、「あれ?何か言っていることが分からなくなってきたぞ」みたいなことになることもありますが、それはまあ、日本人側も同じでね。

上記を踏まえると、インドやフィリピンでは、アジア圏でありながら、語学学校に行かなくても英語を日常的に学ぶ機会が得られる、ということも言えます。

ただし、発音に関しては、特にインドは非常に特徴的なため、ネイティブや通訳者でも聞き取りに苦労することがあると聞いたこともありたす。
もともと英語能力の低い私ごときでも発音の特徴的な訛りに気付くくらいですが、結局これについては、聞いて慣れるしかありません。

インド人の話す発音に馴染んでいた私は、フィリピン人の発音が、始めは聞き取るのが難しかったです。

自身の英語遍歴(参考)

私はそもそも中学時代の英語教師の影響で英語が嫌いになりました。先生が嫌いでした。

高校時代は好きでも嫌いでも無かったですが、大学入試センター試験では、点を取りやすい科目だったと記憶しています。

大学時代は海外も見てみたいという気持ちに目覚め、いわゆる「旅の英会話帳」を持って、海外いろいろな国に行きました。この時点で、これさえあればどこにでも行けるんじゃないか、と根拠の無い自信が生まれもしました。
実際には伝えたいことがうまく英語で言えず、困った場面は幾度か経験しましたし、当時の英会話力は相当酷かったと思います。

インドやフィリピンの良いところは、周りの現地人が私の幼児レベルの英語でもそれなりに意味を理解しようと努めてくれることです。
そして、聞きやすい簡単な単語を選んで話してくれます。

そこに甘えると英語上達の妨げになるという側面もありますが、仕事をしに来ている立場としては、業務に支障が無ければ良しと言えます。

英語で仕事をする上で必要な能力

海外で仕事をするとき、どのくらいの英語力があれば良いのでしょうか。

これは正直なところ、業種や仕事の内容、国によって違ってきます。
アメリカやヨーロッパの経験が私にはありませんが、アジア以上に英会話力は必要な気がします。

ただ、ひとつ言えることは、相手が何を言いたいのかを想像する力が英語を理解できないことを助ける大きな力になり、会話の内容を理解することに繋がります。
そして、何とか伝えようとする態度が、相手の理解を得て、真剣に耳を傾けてくれます。

仕事においては、日本で仕事ができた人ほど、英語が不十分であっても、知識や経験から、その場の状況を汲み取ることで現地人が伝えたい内容を理解し、コミュニケーションがうまく取れる、ということが多々あります。

よって日本でバリバリ仕事をしてきたベテランほど、「オレは英語なんてできない」と悩む必要はないと思います。

小難しい文法を勉強するくらいなら、英語の歌でも一曲覚えて、現地で披露する方が、その後のコミュニケーションが弾みます。(フィリピンで、特にそれが言えそうです。)

まとめ

海外赴任に必要な英語は現地に馴染めば上達が早くなります。向かい合えば、コミュニケーションのツールは言語だけではないからです。大切なのは、伝えようとする気持ちと態度です。

また、仕事の経験値はそのまま英語力不足を助けます。

だからと言って、英語学習をしなくても良いと言うわけではありません。

英語力は仕事の幅をさらに広げられることは間違いありません。


なお、この記事は、技術系会社員の一例、としておきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント